※破産宣告を考えています |費用や期間はどれくらいですか?

※破産宣告を考えています |費用や期間はどれくらいですか?

※破産宣告を考えています |費用や期間はどれくらいですか?

借金が多額になって返済ができなくなった場合は、自己破産をすることによって強制的に借金を無くすことができます。自己破産をするには、最初に裁判所から破産宣告を受けなければなりませんが、この決定を受けるために裁判所に申立てを行う際は、一定の費用の支払いが必要となります。また、破産宣告を受けるための申立書類の作成など、本来債務者自身で処理すべきものについて弁護士や司法書士に処理を依頼する場合は、依頼先に報酬にあたる費用の支払いも必要です。
破産宣告を受けるための裁判所への申立てでは、申立手数料の他に、債権者等に重要事項を送達するための予納郵券代や、官報への掲載料、破産管財人への報酬費用や事務処理などにあてられる予納金を支払わなければなりません。裁判所に支払う費用の合計は事案、負債総額、申立先の裁判所などによって決まり、同時廃止事件の場合は平均で2万円程度、少額管財事件の場合は最も安いケースで平均で23万円程度、管財事件の場合は最も安いケースで53万円程度になります。
一方、弁護士や司法書士に対して支払う報酬の平均額は、弁護士の場合は約30万円、司法書士の場合は約20万円となっています。自分で手続きを行う場合は、報酬の支払いにあてる費用について考える必要はありません。司法書士は弁護士より安い料金で依頼できる分、破産宣告を行うかを判断するために行われる裁判官との面談で、申立人の代理人として発言させることができません。